ニュース

NEWS

2019.11.06 Posted
新曲「Revival Love」のMV公開!
カラフルなヴィジュアルと弾けるようなパフォーマンスに、80年代のエッセンスを振りかけた映像はエンタメ感満点で、まさしく超特急の“入門編”と呼べるMV。

新曲「Revival Love」は、いきものがかりのリーダーでありギタリストの水野良樹が作詞・曲を手掛けたキャッチー&ダンサブルなポップチューン。
ビッグバンドの生音を主軸に、どこかレトロなムードを醸す一品で、再燃した恋心に揺れ動く想いとトキメキを、ボーカルのタカシがハッピーに歌い上げている。

そんなキュートな恋模様を、MVではマネキンを憧れの女性に見立てて、メンバー同士で取り合うというドラマ仕立てでユーモアたっぷりに表現。
遊園地を舞台に各自がデートプランを披露し、他のメンバーが邪魔するコミカルな様子は、観ているだけで思わず笑顔になってしまう!
そこで一喜一憂する超特急の表情豊かなパフォーマンスにも注目を!

また、メンバーが身に着けている衣装や、ポップなカラーリングが鮮やかなアメリカンダイナーでのダンスシーンなどは往年のディスコ文化を彷彿させるもの。
懐かしのダイヤル式テレビやアフロヘアといった小物も合わせ、この曲のセンターであるユーキいわく「80年代を“リバイバル”した作品」になっている。
一転、クライマックスでは光り輝くメリーゴーランドをバックに、スタイリッシュな新衣装で華麗に跳ね踊る彼らの変貌ぶりは眩しいばかりで、一目見たら忘れられない躍動的なダンスは、数々のヒット曲やCMを手掛けてきたCRE8BOYが振り付けを担当。
予想外の形でハートが現れる最後の1カットまで、見事に「Revival Love」を体現している。

現在、フジテレビ系木曜劇場『モトカレマニア』の主題歌としても絶賛オンエア中の「Revival Love」。
毎回、ドラマの展開と「運命!まじかよ!」というインパクト抜群の歌い出しで曲が流れるタイミングがピッタリと評判で、メンバーが「とにかくキャッチー」と口を揃える楽曲の評判も高い。
タカシも「ライブで一番活きる曲」と太鼓判を押す最新作のパフォーマンスとビビッドな世界観を、年末年始に開催される東西アリーナツアー『Revolución viva』の前に、まずはMVをチェック!

▼ミュージックビデオURL
https://youtu.be/x25LrKbpJR8